2017年2月7日

―東京国際映画祭―

 第一回目の東京国際映画祭は1985年、日本がバブルへ上り詰めていこうという時期に開催された。アジア最大の国際映画祭を目指して、当時『炎のランナー』でアカデミー作品賞を獲ったプロデューサーのデビット・パットナムや大女優のジャンヌ・モローなどが審査員で招かれ、NHKでも特集番組が何本も放送された。
ジャンヌ・モローの基調講演もそのまま放映され、黒澤明監督の『乱』について「クロサワ監督の様な素晴らしいキャリアの持ち主だからこそ創れた映画である」と評していた事は今でも覚えている。
また、ヤングシネマと言われるコンペ部門で、故・相米慎二監督の『台風クラブ』がグランプリを受賞してそれなりに盛り上がったと記憶している。
その頃の僕は、上京して間もなく、単発のアルバイトをしながら自主映画を相変わらずやっていた。
 それから10年後の1995年。『二十才の微熱』の公開後、東宝から「東京国際映画祭に出せる映画が欲しい」との依頼で『渚のシンドバッド』の制作が決まった。3月に依頼を受けて、5月に脚本を書き、6月に準備、7月撮影、8月仕上げ、9月が映画祭という超タイトなスケジュールだった。今だったら、そんな怖いスケジュールの依頼は受けられない。(若かったなぁ・・。)
余談ついでに言うと、『渚〜』の上映会場となったオーチャードホールは、1300人を超える超満員で、その当時時点での映画祭の動員記録だった。上映中も爆笑に次ぐ爆笑で、あまり期待していなかった東宝の重役連中は「こんなにウケけるなんて」と反応の良さにびっくりしていた。
その年のヤングシネマのグランプリは、ブライアン・シンガー監督『ユージュアル・サスペクツ』で、『渚〜』は選から漏れた。漏れたが一向に気にならなかった。
開始から10年、アジア最大の映画祭を目指して始まったはずが、東京国際映画祭はその価値を高められないままでいた。授賞式当日の事はよく覚えている。一般観客と一緒に席についても延々と式が始まらない。何のアナウンスもなく40分近く待たされた。会場がざわついている中、関係者が走り回っている。何事かと思ったら、男女の関係者が、客席の通路で観客に聞こえるような声で理由を立ち話しているのが聞こえてきた。
「ゲストで招待した大物俳優がまだ来ない。不倫がバレてワイドショーに追っかけ回されているので、渋谷中を車で逃げ回っている最中なんだ」と。これを聞いて、怒りよりも何だかがっかりした。そんな事で観客を待たせるのも何だかな話だが、各映画会社の持ち回りの出向で来たようなやる気のない関係者が、観客に聞こえるようにグズグズの話をする。
「ど〜でもいいよ」と思ったが、既に映画祭がグズグズになっていた。これで、権威なんて感じる人がいるだろうか?。



価値があるからいい作品が集まる。



映画祭は、というか日本人はいつまでこんなことを続けていくのだろう

 10月25日、第29回東京国際映画祭が、華やかに開幕しました!。
 私は、今回『アジアの未来』部門の審査員の一人として参加しています。そして、昨晩のオープニングの夜は、安倍総理やメリル・ストリープを招いてのセレモニーやパーティが開かれました。

 私と2ショットは、『雪女』でコンペに参加したカメラマンの上野さん。安倍総理とメリル・ストリープとの2ショット。パーティでは、メリル・ストリープと乾杯しました。(顔がミーハーな私)。

 以前から存じ上げている平山秀幸監督は、コンペの審査員。「『恋人たち』では色々おめでとう。素晴らしかったよ」と監督に声を掛けていただき感激しました。
 また、今や大ヒットメーカーとなった細田守監督からも「作品全部拝見してます。『恋人たち』は本当に素晴らしかったです」と声をかけていただきました。私は、細田監督の『デジモン』(超傑作!)以来のファンだったので固く握手を交わしました!。
 コンペ部門始め、チケットはほとんど売り切れる盛況だそうですが、普段見れない作品が見れるチャンスなのでチェックして出かけてみてはいかがでしょうか?。

 11月3日、第29回東京国際映画祭が閉幕しました。

期間中は元より、クロージングでは様々な方とお会いしました。中でも女優の石橋けいさんとは数十年振り。彼女、『渚のシンドバッド」のオーディションに来ていたのです。当時から演技力も高く、大人びた雰囲気を持った女子高生だったのですが、土壇場で浜崎あゆみに決定。それ以来の再会でした。

 東京国際映画祭は、以前から様々な問題点が指摘されていますが、関係者の方々は本当に尽力されています。金も使い、人も使う。それが映画祭の価値を高めていけない問題点も見えたよう思います。
 しかし、コンペでの様々な受賞者たちの掛け値のない歓喜と涙の姿には、もう一つの映画祭の光の姿がありました。

 特に私が審査を務めた『アジアの未来』部門の作品賞『バードショット』(フィリピン)は素晴らしい作品でした。壇上に上がった25歳の若き監督ミカイル・レッドはじめ、出演者の清々しい姿には胸が熱くなりました。報われる瞬間でした。


小さな日本がありました。