料金表・割引券

映画村の過ごし方

アクセス

Instagram

ショップ

女優 高峰秀子の紹介

日本映画史を代表する女優
高峰秀子プロフィール

1924年、函館市生まれ。

5歳の時、実母が死去、叔母の養女となり上京してすぐに松竹蒲田の「母」で映画デビュー、
「天才子役」として人気を集める。
13歳で東宝移籍、のちに自身が「私の映画の父」と敬愛した山本嘉次郎監督と出逢い、
「綴方教室」「馬」など少女期の代表作を生む。

26歳で半年間渡仏、帰国後フリーとなり「二十四の瞳」「浮雲」で国内外の映画賞を受賞。
文字通り日本映画界のトップ女優となる。

人気絶頂の1955年、30歳で松竹の助監督だった松山善三と結婚。
以後「名もなく貧しく美しく」「女が階段を上るとき」「華岡青洲の妻」「恍惚の人」など
生涯で300本を超える作品に出演。

55歳で出演した「衝動殺人 息子よ」を最後に銀幕引退。

文筆にも優れ、処女作『巴里ひとりある記』から『にんげん住所録』まで26作を著す。
自伝『わたしの渡世日記』は日本エッセイストクラブ賞受賞。
映画賞受賞数は日本映画界最多。

2009年、元週刊文春の記者・斎藤明美を養女にする。

2010年、永眠。享年86。

高峰秀子が愛した男
松山善三プロフィール

1925年、神戸市生まれ。

岩手医学専門学校中退。

48年、松竹脚本家養成所と助監督試験に合格。
中村登監督などに付く傍ら、助監督仲間とシナリオ勉強会〈赤8会〉結成、
同人誌に掲載した「みかん船」が木下恵介監督に認められ、
50年の「婚約指輪」から木下組へ。

脚本家第一作は54年の大映「荒城の月」(枝川弘監督)、
翌年3月、木下の「二十四の瞳」で共に仕事をした女優・高峰秀子と結婚、松竹退社。

61年、聾唖者夫婦を描いた自身の脚本「名もなく貧しく美しく」で監督デビュー、
手話に字幕を付けた感動作で毎日映画コンクール、ブルーリボン脚本賞など数多の映画賞受賞。
監督作は他に「山河あり」「典子は、今」など。

脚本は「乱れる」(成瀬己喜男監督)、「恍惚の人」(豊田四郎)「人間の証明」(佐藤純也)など。
テレビドラマも含めると1000本を超える。

2016年、永眠。享年91。

映画村コンテンツ